Expression Web 4 Beginner's Guide

Expression Web初心者向けガイド。ステップバイステップで解説していきます。

定義リストを作成するには

Section 3 段落とスタイルの操作
最終更新日時: 2019/01/28 13:32:10
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

用語解説に利用される定義リストを作成するには、用語となる語句の段落を選択して、共通ツールバーの[スタイル]ボックスから[定義された用語<dt>]を選択します。

はじめに

スマホ対応のWebページを作成するには、表(テーブル)の代わりに定義リストを活用するとよいでしょう。限られた画面サイズ内で複雑な表が含まれたWebページでは、横スクロールバーが表示されて閲覧しにくくなります。

私もかつて、物事をわかりやすく表現するために表を活用してきましたが、スマホ対応サイトにはあまり適切ではないと判断して、定義リストや箇条書きリストに変更したページもあります。

2列までのシンプルな表であれば、スマホでも対応できるかと思います。

そこで、定義リストの作成方法について説明します。

定義リストを作成する

  1. 定義リストを作成する用語を1行ずつ入力します。
  2. 入力した用語すべてをドラッグして選択し、[共通]ツールバーの[スタイル]ボックスの▼をクリックして、一覧から[定義された用語<dt>]を選択します。
  3. 用語の最後にカーソルを移動して Enter キーを押します。
  4. 定義<dd>が選択されていることを確認し、説明文を入力します。
  5. 必要に応じて、手順3~4と同様の手順で、ほかの用語に説明文を入力します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

▲このページのトップへ