Expression Web 4 Beginner's Guide

Expression Web初心者向けガイド。ステップバイステップで解説していきます。

作業中のWebページに存在するスタイルをCSSファイルに移動するには

Section 3 段落とスタイルの操作
最終更新日時: 2019/01/28 13:31:59
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作業中のWebページに生成されたスタイルを他のWebページにも利用できるように、CSSファイルへ移動できます。スタイルはドラッグアンドドロップで簡単に移動でき、作業が効率化できます。

ドラッグアンドドロップでスタイルをCSSファイルへ移動する

  1. [スタイルの管理]パネルのタブをダブルクリックして開きます。そうすることで作業がしやすくなります。
  2. [スタイルの管理]パネルの[CSSスタイル]ボックスから[作業中のページ]に生成されたスタイルを選択します。
  3. CSSファイルまでドラッグアンドドロップします。
  4. 移動先のCSSファイルが開き、スタイルが作業中のWebページからCSSファイルへ移動されました。

移動先のスタイルの場所を確認する

  1. [スタイルの管理]パネルの移動されたスタイルを右クリックして、ショートカットメニューの[コードへ移動]をクリックするか、スタイルのセレクタ名をダブルクリックします。
  2. CSSファイルにページが切り替わり、そのブロックの先頭にカーソルが移動されました。
  3. [スタイルの管理]パネルでそのスタイルをクリックすることで、そのセレクタブロック全体がハイライト表示されます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

▲このページのトップへ