Expression Web 4 Beginner's Guide

Expression Web初心者向けガイド。ステップバイステップで解説していきます。

Expression Web 4の画面構成

Section 2 Expression Web 4の画面構成
最終更新日時: 2019/01/28 17:25:39
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Expression Web のワークスペースには、Web ページとサイトの編集に必要なツールが用意されています。ワークスペースはカスタマイズ可能なので、自分の作業スタイルに合わせて外観を変更できます。

基本的な画面構成

Expression Web 4 を初めて起動した場合、下の図のようなワークスペースが表示されます。

一番上にタイトルバー、その下にメニューバー、ツールバー、画面下にステータスバーがあるのは、どのアプリケーションでも共通です。Expression Web 3から、作業ウィンドウの代わりにパネルが画面の両端、編集ウィンドウの周辺に配置されます。

タイトルバー

Web ページのタイトルとパス情報が表示されます。

メニューバー

Expression Web 4での操作で利用する命令コマンド(メニュー)が表示されています。

ツールバー

ページを編集する際に必要な基本的なツールが用意されています。既定の設定では、[共通]ツールバーが表示されます。

編集ウィンドウ

ページを目で見ながら編集したり、ページのマークアップを直接編集するのに使用します。

クイックタグセレクターバー

Web ページの[コード]ビューまたは[デザイン]ビューでの作業中に、タグの選択、編集、および削除を簡単に行えます。

パネル

サイトのファイルの管理、ページへのタグの追加、スタイルの管理など、全般的な作業を行うときに使用します。

それぞれの場所に既定で表示されるパネルは以下の通りです。

既定で表示されるパネルの配置場所と種類
配置場所 種類 配置場所 種類
左上 [フォルダーリスト]パネル 右上 左:[ツールボックス]パネル
右:[スニペット]パネル
左下 左:[タグ プロパティ]パネル
右:[CSS プロパティ]パネル
右下 左:[スタイルの適用]パネル
右:[スタイルの管理]パネル

それぞれのパネルの左上のタブをダブルクリックすることで、パネルが両サイドから切り離されて大きくなります。

[スタイルの適用]のタブをダブルクリックすると
↓
パネルが画面の端から切り離されて浮いた状態になる

もう一度ダブルクリックすることで、元の位置に戻ります。

ステータスバー

左側では、編集しているWeb ページの情報を表示します。
右側には、左から順番に、HTML非互換性、コードエラー、DOCTYPEとスキーマ、ダウンロードサイズ、視覚補助、CSSモード、CSSスキーマ、ページサイズといったツールがあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

▲このページのトップへ