Expression Web 4 Beginner's Guide

Expression Web初心者向けガイド。ステップバイステップで解説していきます。

Webページのエンコードタイプを変更するには

Section 1 トップページの編集
最終更新日時: 2019/01/28 13:31:49
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メールフォームページなどの作成において、UTF-8では文字化けしてしまうといった場合、シフトJISに変更することで解決できます。

はじめに

たとえば、メールフォームスクリプトCGIを利用してExpression Webでメールフォームを作成するときには、UTF-8だと文字化けしてしまう場合があります。ベースはUTF-8でOKだけれども、メールフォームだけシフトJISに変えたいという場合がでてきますよね。

ただし、ダイナミックWebテンプレートが適用されたWebページではエンコードタイプを変更することができません。メールフォーム専用のダイナミックWebテンプレートファイルを開き、そのエンコードタイプをシフトJISに変更するか、適用されていない独立したWebページにおいて変更可能となるので注意してください。

エンコードタイプを変更する

  1. 対象となるWebページ、またはダイナミックWebテンプレートファイルを開きます。
  2. 右クリックしてショートカットメニューより[ページのプロパティ]をクリックします。
  3. [ページのプロパティ]ダイアログボックスの[言語]タブを開きます。
  4. [HTMLエンコード]設定オプションの[保存時のエンコード]を[日本語(シフトJIS)]に変更します。
  5. [OK]ボタンをクリックします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

▲このページのトップへ