Expression Web 4 Beginner's Guide

Expression Web初心者向けガイド。ステップバイステップで解説していきます。

同じ検索と置換を何度も実行させるには

Section 4 検索と置換を使った複数ページの編集
最終更新日時: 2019/01/28 13:32:10
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

同じ検索の条件を何度も利用する場合、その条件(クエリ)を保存することができます。次回同じ条件を呼び出す場合は、そのクエリを開くことでスムーズに処理できます。

クエリを保存するには

  1. [編集]メニューの[検索](Ctrl+F)または[編集]メニューの[置換](Ctrl+H)をクリックします。
  2. [検索と置換]ダイアログボックスで、[検索する文字列]や[置換後の文字列]に条件を入力します。過去の履歴を呼び出す場合は、それぞれの▼ボタンをクリックして一覧から選択できます。
  3. 一通り設定できたらクエリの保存[クエリの保存]ボタンをクリックします。
  4. [名前を付けて保存]ダイアログボックスが表示されるので、ファイル名を指定して[保存]ボタンをクリックします。

クエリの保存場所

Expression Web 4におけるクエリは以下の場所に保存されます。

C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Roaming\Microsoft\Expression\Web 4\Queries

隠しフォルダー内になっているので、エクスプローラーを開き、以下のパスをアドレスバーに入力するとアクセスできます。

%AppData%\Microsoft\Expression\Web 4\Queries

保存されたクエリを開くには

  1. [編集]メニューの[検索](Ctrl+F)または[編集]メニューの[置換](Ctrl+H)をクリックします。
  2. [検索と置換]ダイアログボックスのクエリを開く[クエリを開く]ボタンをクリックします。
  3. クエリを選択して[開く]ボタンをクリックします。
  4. クエリが呼び出されました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

▲このページのトップへ